Turistas!

ロストリバーデルタの考察を自分流にひたすらしています。たまに他テーマポートのことや、グリーティング、ショーパレのことも書くかも。

【ネタバレ】アウト・オブ・シャドウランド感想

f:id:tora603:20160701225857j:image

こんにちは!

今回は本来は7月9日に公開予定のアウト・オブ・シャドウランドをラッキーにもスニークとして早めに観れたので、感想なんて言うのはおこがましいほどの稚拙なひとりごとを書いていきたいと思います。

 

タイトルにも書きましたが、盛大にネタバレをぶちかますのでまじ勘弁! という方はこの先進まないでください!

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tora603:20160701221554j:image

 

ユウのビジュアルが予想外すぎたこと以外は私は大満足です!

 

ハンガーステージならではのワイヤーアクションもありましたし、何より生歌!!! 生演奏ではなくなったのは残念ですが、みなさんお歌がとても上手なのでうっとりしました。

上手といえば、テントに入ったときの影のメイのあの動きは実写ですか…! 映像かと思うほどなめらかでびっくらこいたよ。

 

さてここからは考察ですが、なぜメイはリーダーのことをユウと呼んだのか。ユウのことはリーダー?! と呼びかけないことから、なんでやねんとなる箇所ですけども。(元々メイがリーダーに対して関心が無さ過ぎてリーダーのお顔を覚えてなかった可能性もなきにしもあらず) 

 

メイにはシャドウランドの物、ことばを発さないものたちですね、のことが擬人化して見える能力があるのかなあ、なんて。

 

だから現実世界でもピンクのお花を持っていたメイにはまだお花ちゃんの姿が見えていたのかも。そう考えたら、もしかしたらメイはリーダーに対してユウ! と言ったわけではなくてリーダーの持つ鹿の角のついた杖に対して呼びかけたのかな、とか。

 

不思議ちゃんがすきな私の主観がだいぶ入っていますが。

 

リーダーも実はシャドウランドに行ったことがあったらそれはそれで楽しい。

 

鹿の角は生え変わると言いますし、あの杖の角はユウからもらってたり、とも考えられますよね。

 

 

うーーん。シャドウランドの存在自体についての考えがうまくまとまらない。

誰にでも行ける可能性がある世界なのか、メイみたいに自信の無い人たち、影を持った人たちしか行けない世界なのか。

 

 

そうそう、メイが使う光の魔法については、メイの自信の無さ弱さなどの「影」の代償なのかなあなんて思います。だからカゲドリに立ち向かうと決めた「影」を無くしたメイは一瞬で湖を蘇らせた最強の魔法を使わなかった。この場合の解釈だと使えなくなった、でいてほしいのですけども、そんなことは…ないですよね…。最終的には光を集めて剣で貫いているし…。

 

あの剣の全部が光だったらあらまメイの力も強くなったものだわ、実体化だなんて。と思ったかもしれないのですが、場面によって一切光ってないときがあるのがどうも納得できなくて……。

 

あの剣ってユウとメイのどちらが持ってきたものでしたっけ。

 

 

 

 

うーーーーーーん。

 

なんて唸ってはみましたが、久しぶりに解釈がたっくさんできるショーがレギュラー化されてとっっても楽しいです!!!

 

きょうはもう思いつかないのでこのへんで。また追記するかもしれません。

 

グダグダですみません! お読みいただいた方ありがとうございます!

 

それではアディオス アミーゴ!

またお会いしましょう。