Turistas!

ロストリバーデルタの考察を自分流にひたすらしています。たまに他テーマポートのことや、グリーティング、ショーパレのことも書くかも。

クリスタルスカルの魔宮-黒板(2)

f:id:tora603:20170207213857j:image

こんにちは!

今回は、最近なにかと話題の魔宮のライドフォトが見れる場所にある黒板についてすこーしお話していきます。

ライドフォトを注文する際に話しかけるキャストさんが立ってる場所にあるアレです。

スマホで撮影したものなので若干画質が悪いのですが、許してくれよな!

 

まずは左半分。

f:id:tora603:20170207214133j:image

発掘には三脚を使え
顔の石膏を成形しろ
その前に地面から掘り出すこと
他にも、ひび割れを正確に繋ぎ合わせてこれ以上割れて粉々に砕けないように石の形をキープするのに注意すること!
雨が降りそうだから早く動いてくれよ!

 

前回の記事を読んでくださった方はピンとくると思うのですが、ここで話題になっている遺跡とはこの

f:id:tora603:20170207214453p:image

カタン・ベースキャンプ・グリル入り口にあるステラのことです。

 

カタンの黒板に書かれたことと魔宮のそれの内容がかぶっていることから、ユカタンの発掘チームと魔宮発掘チームの大元は同じなのかしら、なんて想像できるすてきなプロップス!

 

その繋がりとして、こんな裏付けもあることのご紹介。いずれ詳しく関係性について記事を書くつもりですが、ユカタンで発掘作業をしているのはユカタンの看板やおぼんにその名が書かれていることから、ペンシルベニア州立アンドリュー大学の考古学専攻チームということが分かります。

f:id:tora603:20170207215952j:image

(めちゃめちゃ分かりにくくて申し訳ないのですが、手札がこれしか…!!!)

このことを頭に入れてライドフォトを背にし、左側にある荷物を見てください。

その中にこのようなバインダーがあるのが確認できます。

f:id:tora603:20170207223954j:image

ざっと英文を読むと、発掘現場での記録を写真と共に残すシートのようです。そしてシートの一番上に書かれた文字を見てください。

ANDREWS UNIVERSITY OF PENNSYLVANIA

ちゃっかりこの場所にも名前を残すアンドリュー大学! ニクイ。

アンドリュー大学についてのちょこっとした解説はこちらの記事をご覧いただけると幸いです。

 樽・木箱 - Turistas!

 

さて、話は黒板に戻りましてお次は右側。

f:id:tora603:20170207220707j:image

今週
ミゲルと共にエルドラドキャンティーナで次の船が出航するときまで調査する。
北の道は開けているが、南の道まで引き返す。そこはここと川の間だ。
私たちは2週間で3人以上失った!
みんなをサイト1に戻し、1人ではどこにも行かないこと!

 

古代へのロマンはしばしの夢、真面目にレストラン経営だけをしているかと思われたミゲルさんですが、ちゃっかり発掘調査に加わっているみたい。

てっきりトレジャーハンターなのかと思ったら、考古学もかじっているらしく、なんだか彼を見る目が変わってしまいますね。

 

また、描かれた地図はもちろんロストリバーデルタの地形が描かれたものですが、左下に書かれたエルドラド・キャンティーナやベースキャンプという言葉、その間に走るエル・リオ・ペルディード…つまり失われた河の位置関係から、どうやら私たちが探検できているロストリバーデルタ以外の場所も描き込まれているような気がしてならないのですが…実際どうなのでしょう?

右上に書かれた「LA COSTA MALDITA(直訳で呪われた岬?)」も何が何だか…? 

 

最後に忘れてはならないのが、「3人以上亡くなっている」という点。つい忘れがちですが、ここは文明の行き届かない辺境地。みなさま、どうぞ安心安全な冒険を。

 

それでは、アディオス アミーゴ!

またお会いしましょう。

 

(毎度のことですが、英訳が間違っていたら遠慮なくコメント欄で指摘してください! 大変ありがたいです。)